医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2018/02/22
平成30年度診療報酬改定 全容公表

 厚生労働省の中央社会保険医療協議会総会は、平成30年度診療報酬改定について、2月7日に加藤厚労相宛の答申を行いました。

 これにより、具体的な点数も含めた今回の改定内容の全容が明らかとなっています。

  1. 「答申書(平成30年度診療報酬改定について)」
  2. 別紙1-1「診療報酬の算定方法 医科診療報酬点数表」
  3. 別紙1-2「診療報酬の算定方法 歯科診療報酬点数表」
  4. 別紙1-3「診療報酬の算定方法 調剤報酬点数表」
  5. 別紙2「訪問看護療養費に係る指定訪問看護の費用の額の算定方法」
  6. 別紙3「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法」

    別紙4「保険医療機関及び保険医療養担当規則(昭和三十二年厚生省令第十五号)【平成30年4月1日施行】」

  7. 別紙5「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(昭和三十二年厚生省令第十六号)【平成30年4月1日施行】」
  8. 別紙6「高齢者の医療の確保に関する法律の規定による療養の給付等の取扱い及び担当に関する基準( 昭和五十八年厚生省告示第十四号)【平成30年4月1日施行】」
  9. 別紙7「入院時食事療養費に係る食事療養及び入院時生活療養費に係る生活療養の費用の額の算定に関する基準( 平成十八年厚生労働省告示第九十九号)【平成30年4月1日施行】」
  10. 「正誤表」

 新入院報酬の「急性期一般入院料」は、「入院料1」が現行の「7対1入院基本料」と同じ1,591点で、「入院料2」1,561点、「入院料3」1,491点となりました。「入院料4」〜「入院料7」の報酬は、現行の点数のまま据え置きとなります。

 外来医療については、かかりつけ医機能を担う診療所の評価として、「初診料 機能強化加算」80点が新設されます。また、「オンライン診療料」は70点、「オンライン医学管理料」「オンライン在宅管理料」は100点(1月につき)と設定されました。


 この答申を受け、来月初旬に新しい診療報酬が告示され、同時に関連の通知等も発出される予定です。


厚生労働省「中央社会保険医療協議会 総会(第389回) 議事次第」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



平成28年度の指導・監査による返還は約89億円2018/02/15
一般診療所、院長給与の伸び率は3回連続マイナス2018/02/08
一般診療所の収益額、損益額、給与額は?2018/02/01
サービス別に見る 給与費の割合2018/01/25
改定率、診療報酬は+0.55%、介護報酬は+0.54%に2018/01/18
認定医療法人の追加要件で新様式2018/01/11
全国344医療圏のうち、111が空白医療圏2018/01/04
介護サービスの収支差率、前年度0.5ポイント減の3.3%に2017/12/28
運営基準の改正案 パブコメで公表2017/12/21
精神障害の数、医療・福祉が全産業のトップに2017/12/14
有料老人ホームは1919施設増加、老人福祉施設は36施設減2017/12/07
小規模の通所介護事業所が移行し、地域密着型通所介護は21,063施設に2017/11/30
診療所は534施設、歯科診療所は203施設が増加2017/11/23
28年度の調剤医療費、前年度から4.9%減少2017/11/16
28年度医療費、前年度より0.2兆円減の41.3兆円2017/11/09